在宅プログラマの社会保険

在宅プログラマの場合には、企業から仕事を受けることになりますが、あくまでも業務委託という形になり、企業に所属しているわけではありません。そのため、企業勤めの頃の様に、社会保険などに加入することは出来ないため、保証などは一切なくなってしまいます。社会保険に加入していれば、健康保険も年金も自動的に加入することが出来ますが、在宅プログラマとして仕事をする際には、自分で国民年金や国民健康保険に加入することが必要となります。

では、在宅プログラマの社会保険についてですが、国民年金や国民健康保険の手続きは、自分でお住まい地域の市町村役場で手続きが必要となります。在宅プログラマとして仕事をはじめた方は、まだまだ収入が引く方もいるでしょうから、そういった方にとっては、かなり大きな負担となるでしょう。年収200万円以上の方の場合には、社会保険料だけでも年間30万円以上の支払いが必要となります。

「まだ、収入が少ないから、支払は厳しい」という方の場合には、年収によっては低所得者と見なされ、免除制度や均等割りなどの制度を利用することが可能となりますので、市区町村の窓口で相談してみると良いでしょう。これらの保険料は、かなり大きな負担となってしまいますから「今は、加入するのはやめよう」と思われる方も多いと思いますが、国民健康保険などに加入していなければ、病気や怪我などをしてしまった際、高額な支払が求められることになります。そのため、万が一に備えて加入しておくことが大切。

このように、在宅プログラマとして仕事をする際には、自分で様々な保証を準備しておくことが必要となります。企業に勤めている感覚で、何も加入していないと後々困ってしまいますから、今からしっかりと加入しいざという時の備えを行っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です